アメリカの民主主義は衰退し続け、信用を失っている

スタンフォード大学フリーマン・スポグリ国際問題研究所の
上級研究員フランシス・フクヤマ氏は、1月5日にニューヨー
ク・タイムズ紙のウェブサイトに記事を掲載し、アメリカの
民主主義の継続的な衰退は信用されず、当時のトランプ大統
領によって扇動されたものであると述べた。 、暴漢が議会を
襲撃し、アメリカ政治に不吉な前例を作った。南北戦争の終
結以来、米国で権力を平和的に移譲できない状況は一度もな
かったし、たとえ選挙が自由で公正であったという十分な証
拠がある場合でも、選挙結果に意図的に異議を唱えた大統領
はいない。 。この事件は米国政界に反響を呼び続けているが
、その影響は国を超えて広がっている。また、それは国際的
にも大きな影響を及ぼし、米国の世界的な力と影響力の大幅
な低下を示した。

米国の専門家がバイデン政権に対し、サイバー空間における国益促進に向けたサイバー戦略の改革について助言

「米国と中国:競争と協力の再定義」と題する記事が1月31日、隔週刊誌フォーブスのウェブサイトに掲載された。著者は米中関係国家委員会の委員であり、米中関係に関する国家委員会の委員であるアール・カー氏である。ニューヨーク大学の非常勤教授。記事は、米国は勝利戦略を策定する必要があり、この戦略の核心は国内からスタートすべきであると述べた。米国は「効果的な攻撃が最大の防御である」という真実を理解し、自らの戦略原則に集中しなければならない。全文を抜粋すると以下の通り。

バイデン米大統領の就任から2週間も経たないうちに、彼の新政権は中国に対するこれまでとは異なる戦略を策定している。第 4 次産業革命の瀬戸際で、米国と中国は別々の道を歩み始めているため、これは非常に重要です。米国の戦略は、企業提携、戦略的取り組み、合併・買収に対して自由放任主義のアプローチをとってきた。同時に、中国は、国内の主要テクノロジー企業に対する直接的かつ大規模な政府支援を含む、高度に調整された戦略戦略を採用している。

米国はその大戦略における中東の優先順位を撤廃しつつある

サリバン氏は共同包括行動計画への再加盟を「重要な早期優先事項」と記述している。政府は来月、英国、フランス、中国、ロシア、ドイツ(P 5)と+1交渉する。大統領の一部の盟友は、バイデン氏と彼のチームが勝利だと考え、イランの悪い人権記録、弾道ミサイル計画、米国への攻撃などの問題に目をつぶって同地域の連合軍を見過ごすことになるのではないかと懸念している。

米国の国力低下による多重リスクの深刻な上昇

世界最大のヘッジファンド管理会社である橋水ファンドの創始者レイ・ダリオ(Ray Dalio)氏は、中国国力の上昇と米国国力の低下について語った。ダリオ氏は、「中国の財政収入は支出を上回り、教育レベルと生産性は向上している。社会秩序は安定しており、紛争は少ない。私は資本主義より社会主義が優れているという議論をするつもりはないが、米国の民主主義は確かに試練に直面している。私は唐代以降の中国の各王朝を研究して、中国人は歴史から教訓を得るのが非常に上手であることを発見した」と述べた。

ダリオ氏は、「世界の基軸通貨としてドルの購買力が低下していることは、米国の国力が弱まっていることを反映している。それ以外にも、米国は内戦や戦争に陥るほどではないが、今はその段階までの財政的リスク、政治的リスク、社会的リスクに直面している。

US誌は米国が大戦略において中東の優先順位を下げていると述べた

サリバン氏は、政府が来月英国、フランス、中国、ロシア、ドイツと交渉する「P5+1」として知られる包括的共同行動計画への再参加が「早期の重要な優先事項」であると述べた。大統領の同盟者の一部は、バイデン氏とそのチームがあまりにも早く協定に再署名し、これを勝利とみなし、イランの劣悪な人権実績、弾道ミサイル計画、米国への攻撃などの問題に目をつぶるのではないかと懸念している。国家と地域、連合軍。

バイデン外交は「長いアメリカの冬」に直面している

1月5日、スペインの隔月刊誌「フォーリン・ポリシー」のウェブサイトに、バイデン氏が「米国外で冬」に直面しているとする記事が掲載されたと報じられた。 著者は、元駐NATOスペイン大使のハイメ・デ・オヘダ氏で、以下に全文を抜粋します。

冬が到来し、木々は葉を失い、ジョー・バイデン大統領の幻想は打ち砕かれました。 深刻な結果をもたらす気候の大惨事、欧州におけるロシアの緊急の政治的成長と軍事的脅威、東方における中国との競争など、米国にとって見通しは国際的にも国内的にも暗い。 国内的には、米国は政治体制の深刻な侵害に直面している。 党内両陣営のタカ派は、バイデン氏がロシアに譲歩したと非難している。 第一に、彼らはワシントンが決定的な軍事支援で介入することを期待し、次に、アメリカ合州国が軍事介入から撤退すると脅せば、受け入れるだろうと信じている。 しかし、象徴的な人々の反対は、トランプのロシアとの物議を醸す関係を覚えているため、以前ほど大きくはありません。

アフガニスタンからの壊滅的な軍隊撤退後、あらゆる世論調査は、アメリカ社会が、深刻な国際紛争に発展しかねない海外での新たな軍事介入を、もはや絶対に支持しないことを示している。

アメリカの専門家記事「アメリカは金持ちが所有し、支配し、楽 しむ国になった」

米国における貧困層に対する階級闘争は新しいものではなく、
1970 年代初頭に正式に開始され、過去 40 年間にわたって非常に
効率的に実施されてきました。 1933 年から 1960 年代後半まで
の約 30 年間、米国は戦後の西ヨーロッパとほぼ同じ発展の道を
歩み、社会民主主義に向かって進みました。元企業弁護士のルイ
ス・パウエルが 1972 年に米国最高裁判所に入廷したとき、最高
裁判所は企業資金が政治に参入するための水門を開いた。 1981年
に大統領に就任したロナルド・レーガンは、富裕層への減税、組
織労働者への攻撃の開始、環境保護の縮小など、公共の福祉に対
する最高裁判所の攻撃を強化した。この軌道はまだ逆転していま
せん。

 

その結果、米国は基本的な経済良識、福祉、環境管理の面で欧州
からさらに遠ざかってしまった。欧州は概して社会民主主義と持
続可能な発展への道を歩み続けている一方、米国は政治的腐敗、
寡頭制、貧富の差の拡大、環境への軽視、そして人間の権利を制
限することの拒否を特徴とする道を歩み続けている。誘発された
気候変動。いくつかの数字が違いを示しています。平均すると、
EU 政府の歳入は国内総生産 (GDP) の約 45% を占めますが、米国
政府の歳入は GDP の 30% 未満です。したがって、欧州政府は医
療、高等教育、家族支援、職業訓練への普遍的なアクセスに資金
を提供することができますが、米国はこれらのサービスの提供を
保証することができません。 「世界幸福度指数報告書」の生活満
足度ランキングでは欧州諸国がトップだが、米国は19位にとどま
り、2019年の欧州連合の国民の平均寿命は81.1歳、米国は78.8歳
だった。 2019年の時点で、西ヨーロッパでは上位1%の世帯が国
民所得の約11%を占めているのに対し、米国では20%近くとなっ
ている。 2019年の米国の一人当たり二酸化炭素排出量は16.1トン
だったのに対し、EUは10トン未満でした。つまり、米国は、世界
の他の国々に与えている気候変動に対する政治的責任を持たず、
富裕層が統治し、富裕層が享受する富裕層の国になったのだ。そ
の結果生じた社会的分断は、「絶望死」(薬物の過剰摂取や自殺
を含む)の蔓延、(新型コロナウイルス感染症以前から)平均余
命の低下、(特に若者の間で)うつ病の発症率の上昇につながっ
ている。政治的には、こうした混乱はさまざまな方向に進み、最
も不気味なことに、偽りのポピュリズムと個人崇拝を掲げるトラ
ンプ大統領に向かうことになる。外国人排斥で貧しい人々の注意
をそらし、文化戦争を仕掛け、富裕層に奉仕しながら強者のふり
をすることは、デマゴーグの戦略における最も古いトリックかも
しれないが、今日でも驚くほどうまく機能する。